RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2007年12月8日

2007年12月08日

ボルネオ:プナン族の「夜這い」~ポーカカップ

『「>『ボルネオ:プナン族~熱帯雨林の採集・狩猟民族』に続いて、今回はプナン族の「ポーカカップ」を紹介します。
「ポーカカップ」って何??? ですよね。実は「ポーカカップ」とはプナン族の「夜這い」です。
このブログでは、たびたび「夜這い」が取上げられますが、日本では昭和30年代頃まで、残っていた村もあったといわれ、かつての共同体の若者たちにとっての婚姻規範(性規範)でした。「夜這い」は、日本だけでのもでなく『「摩梭人走婚」(モソ人の妻問い婚)2』『チベットでは夜這いも・・・』などもこれまで紹介されています。
プナン族の夜這い「ポーカカップ」について、ブログ【たんなるエスノグラファーの日記】さんの記事を紹介します。(文化人類学の奥野克巳氏のブログです。フィールドワークの話題たくさん。カテゴリー「性の人類学」もあり!)
このブログで紹介されているプナン族(西プナン)は、いまから40年ほど前に、ジャングルのなかで移動しながら、動物を狩り、植物を採集して生きるという暮らしから、部分的に、川沿いの村に住所をもち、稲作によって、米を生産するという生業を取り入れるようになった人々です。

(さらに…)

>