RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2007年5月18日

2007年05月18日

東南アジアへは西&北から地続きで父系民族が移動=掠奪闘争が玉突き

saahさんが 「アジアにおける第2の民族大移動は漢民族の南下から始まった」に書かれた、>人種的にも、言語的にも現在のインドネシアおよびマレー系の人々のルーツは大陸にありそうです< はそのとおりだと思いますが、続く
>それも漢民族の南下に伴い、その圧力により押出された人々が、台湾→フィリピン→東西南北に拡散し、玉突き的に元々いた原住民族も押出しながら今の地に住み着いたようです。~(中略)~ 掠奪闘争の玉突きのルートも、こうしてみるとイラン高原から一直線ではなく、北方ルートだったようです< については、わざわざ海を渡る必要性はないと思います。
『苗(ミャオ)族って?』  『北方の苗(ミャオ)族と南方の倭族1』 『北方の苗(ミャオ)族と南方の倭族2』などにあるとおり、 漢族が南下して行った中国最南の雲南省は、ミャンマー、ラオス、ベトナムなどの東南アジア諸国と隣接しているのです。
だから、そのまま地続きにタイ~マレーシア~インドネシアという『陸上伝播ルート』のほうが主流だと思われます。

(さらに…)

>