RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2008年10月20日

2008年10月20日

日本の婚姻制度は、どのように変遷してきたのか?(江戸~明治~昭和~平成)Vol.6昭和後期(1970年~)

シリーズでお届けしている「日本の婚姻制度の変遷」の 「昭和後期(1970年~)」です。
「Vol.5昭和戦後(~1970年)」前回のでは、戦後、貧困脱出の可能性が開かれ時代での、婚姻制度を次のように見てきました。 概要は次のように成ります。
・国民全員の、私権獲得競争→所得倍増→市場拡大
・私権獲得競争の正当化理論が必要⇒個人を中心とする民主・自由・平等・平和の概念が普及。
・性闘争(私権闘争の源泉)の美化⇒恋愛至上主義。
・その結果、見合い結婚→恋愛結婚 に急変してきた。
明治からの結婚変遷は、大きく分けると次のように成ります。
■生活の為の結婚          │■私権獲得の為の結婚   │
 集団課題子孫を残す課題  ⇒ │ 私益≒豊かさ獲得課題  │ ⇒その後はどの様
 →集団が決める見合い婚     │ →個人が決める恋愛結婚 │  になったの?
↓ポチットお願いします。

(さらに…)

>