RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2009年10月14日

2009年10月14日

本格追求シリーズ1 人類の”性”の本質を探る<人類にとって性とは?(1)性闘争を封鎖した人類>

%E5%88%9D%E6%9C%9F%E4%BA%BA%E9%A1%9E.jpg

先週の本格追求シリーズ1 人類の”性”の本質を探る<生物にとっての「性」とは?>では、
生物にとっての「性」とは、「変異・安定という異なる役割をオスメスで担うことで、種として環境に適応していくためのシステムである。」と固定しました。
そして、当然人類のオスメスの性の役割も、本能(DNA)のレベルではこの役割機能を踏襲しています。
まず人類の性と他の生物の性は、何がどう違うのか?極限時代に遡り具体的に押さえていきます。
人類が誕生した極限時代の状況、その中で本能の上に共認機能や観念をどのように塗り重ねて来たのか?その中で性はどう変わったか?男の役割・女の役割とは?
いつものブログ応援もよろしくお願いします。

画像は、こちら からお借りしました。

(さらに…)

>