RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2010年7月30日

2010年07月30日

集団を超えた、共認原理に基づく婚姻体制って過去にあるの?2~過去投稿インデックス~

%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B9集団を超えた、共認原理に基づく婚姻体制って過去にあるの?1に続いて、第2回目は、
(氏族)集団を超えた婚姻制=外婚」に関するるいネットおよび当ブログの投稿をおさらいして、当面の追求すべき課題を探ってみたいと思います。
最初に、主に参考にしようとしているレヴィ・ストロースの問題意識について。
(写真はココからお借りしました。)
相対論(=真理主義の自己否定)の限界と突破口より。

レヴィストロースは、神話や未開社会のフィールドワークを通じて、「神話には人間の自然に対する傲慢や堕落思考に対する戒め」が語られていることや「婚姻制度や贈与により異なる集団が巧妙に対立を回避させている」ことを知り、未開社会における「自我の防止策」に敬意を払いながら、それに比べると西洋の「自我に拘った」世界認識の稚拙さと、それが結果的に未開社会の侵略を推し進めたことに深い反省を持った人です。

応援よろしく
  

(さらに…)

>