RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2011年5月16日

2011年05月16日

シリーズ「モンゴロイドの歴史」4~南方モンゴロイドの拡散~

震災や原発問題を経験した我々は、新たに人類の進むべき可能性の道を再考しなければならない時に直面しています。進むべき道(答え)を見つけるためには人類が今までどのような逆境に対して、どういった可能性の道を歩んできたのか!歴史事実をしっかり押さえる必要があります。
このシリーズでは我らモンゴロイドの歴史を紐解き、人類史におけるモンゴロイドの可能性の道を追っています。
1.人類史を追求する意義と視点
2.人類の出アフリカとモンゴロイドの誕生
3.原モンゴロイドの北上
500万年前にアフリカ大陸で誕生した人類が、気候変動に伴う環境変化でアフリカ大陸から三大グループに分散してアフリカ大陸から出て、東へ進路をとった原モンゴロイドがユーラシア大陸を北上していく流れを追っていきました。
今日は、東南アジアに定住した南方モンゴロイドの、1.4万年前~6千年前の温暖期における<南方モンゴロイドの拡散>を紹介したいと思います。
続きに行く前に応援の方、よろしくお願いします。

(さらに…)

>