RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2011年7月12日

2011年07月12日

■古代中国の再考~「良渚文化」

◆シリーズ「■古代中国の再考」の2回目です。
改めて、目次を見てみましょう。
①「仰韶文化」:古代中国史での新石器時代は,原中国人(01,02)達の生産力が上昇して,母系共同体の「仰韶文化」を黄河の上流に興す。
②「良渚文化」:同時期に長江上流に原中国人の「良渚文化」を興す。
③「紅山文化」:遼河の流域(中国東北)には,新モンゴロイド(O3)が,「紅山文化」を興す
④「龍山文化」:生産力の上昇とともに集団が大きくなり,北から黄河下流に新モンゴロイド(O3)が侵略を繰り返し,「龍山文化」は父系文化に転換。
⑤「夏王朝」:部族間闘争が激しくなり,部族の強大化である国家により統合されるのが新モンゴロイド(O3)モンゴル系は西からの侵略(モンゴロイド:D1,D3)に征服されて「夏王朝」が出来る。
⑥「殷王朝」:再び新モンゴロイド(03)が王朝を取り返す。
~~~~~~~~~~~~~・~~~~~~~~~~~~~~~
前回は①「仰韶文化」を扱いました。
今回は引き続き上記の②「良渚文化」を見ていきたいと思います。尚、各文化には立体的に他の文化との繋がり=因果関係がありますので、できる限り他の文化との関係を考えながら展開していきたいと思います。
%E5%9C%B0%E5%9B%B3.jpg
日中台文化交流からお借りしました。
まずは、ポチッと協力お願いします。

(さらに…)

>