RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2011年7月6日

2011年07月06日

シリーズ「モンゴロイドの歴史」10~~タミル人と弥生人は秦王朝から脱出を図った原中国人の末裔?~~

 前回は、春秋戦国時代の混乱を経て、中国初めての統一国家・秦王朝の成立から遊牧部族鮮卑族が作った隋・唐王朝の時代を見てきました。
 今回は、中国初の統一国家秦の成立の過程で、脱出した原中国人について考察します。 

 続く春秋戦国時代には、江南(呉越)の倭人が難民となって朝鮮や日本へ多数漂着したが、その後の秦王朝(2200年前)の専制政治にあって、日本へ計画的に脱出してきた徐福一派は男女児童3000人、30隻の大船団で最先端の軍備と職工と穀物種を携えて、日本各地に渡来してきたとされ、この計画的な殖民が日本の弥生文化に与えた影響は大きいと思われる。
また長江の最上流からはへインドへ脱出することも可能である。よく日本語とタミル語の親近性が議論されるが、タミル人はこの時期、インド南部に脱出した倭人勢力ではないだろうか『’10年末なんで屋劇場レポート5~中国文明の起源』より


画像はこちらからお借りしました。
以下は、これまでの記事のバックナンバーです。
1.人類史を追求する意義と視点
2.人類の出アフリカとモンゴロイドの誕生
3.原モンゴロイドの北上
4.南方モンゴロイドの拡散
5.新しい北方適応モンゴロイド=新モンゴロイドの登場
6.モンゴロイドが北方適応形質を獲得したのはいつか?
7.中国における社会統合原理の劇的な大転換
 
8.~初期中国文明は、西方のチベット族と北方のモンゴル族の中原を巡る覇権争い~
9.~中国初めての統一国家・秦王朝から遊牧部族鮮卑族が作った隋・唐王朝時代~
応援宜しくお願いします!

(さらに…)

>