RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2011年8月13日

2011年08月13日

シリーズ『モンゴロイドの歴史』番外編~日本語に宿る南方モンゴロイド気質

(写真はコチラから)

%E5%A4%8F%E3%81%AE%E7%A9%BA.jpg
こんにちは、夏休みをいかがお過ごしでしょうか?
今日は、夏休み企画として、シリーズ『モンゴロイドの歴史』番外編~日本語に宿る南方モンゴロイド気質をお届けします。
(シリーズ本編の概要は『総集編~モンゴロイドは、どのような外圧状況に、どのように可能性収束したのか?』をぜひご覧ください)

本編、『12~日本語はどの様に成立したか?』

よく日本語は、よく“語彙”は南方系・文法”は北方系といわれますが、これは、日本語の起源は基礎的語彙の共通性が多数見られる南方系であり、後から日本に渡来し支配部族となった【新モンゴロイド】よってアルタイ語(北方系)が持ち込まれ、「南方系言語を母体して後発の北方系の言語が混合した複合言語」に成った。従って、日本人の源流は【南方モンゴロイド】の可能性が高い

また、本編『11~縄文人は南方モンゴロイドの気質を温存している~』

日本には様々なタイプの遺伝子タイプが現在も共に生き残って共存共栄していて、その共存共栄しているそのあり様は、受け入れ体質で、共同性が強く私有意識が少なく、母系社会のまま、源郷スンダランドで形成された【南方モンゴロイド】の気質を強く残している.

について扱いました。今日は、この「日本語」の特徴から、日本人の「南方モンゴロイド気質」について、もう少し考えています。
「日本語は他の言語とは異なり、いくつかの日本語にしかない特有点を持ち、世界の言語の中ではユニークかつ難解な存在」ということがよく聞かれます。その特徴の一つが「日本語は世界でも稀有な母音語族」であることです。
母音語とは何か?どんな特徴があるのか?などから、日本人の深層にある南方モンゴロイド気質に迫っています。
応援よろしく、お願いします!
  

(さらに…)

>