RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2012年8月23日

2012年08月23日

シリーズ【共同体の原点(集団)を追求する】11 ~哺乳類の集団の原型は母子関係~

3690585568_b1c582629a.jpg
ライオンの母子(目線がいい感じですね)
いまから約1億年前の大型爬虫類の天下で、地上の弱者として土中に隠れ住み、夜行性や寒冷地にその活路を求めていった原哺乳類ですが、そこでの可能性として、「たくさんの子を確実に産み育てる」戦略を押し進めて行きます。
もともと哺乳類にいたる系統は、両性類から陸上適応していく際に「腺」を進化させた系統で、腺を使って卵に栄養を与え、乳腺を使って子を育てる方向で進化し、遅くとも1億5000万年前には「腺」が胎盤へ進化して哺乳類のスタイルを完成させています。
前回のシリーズ記事で、哺乳類の母子が、充足回路(大脳辺縁系:乳腺や嗅覚を司る脳)を強化して長期にわたる授乳・育児関係が可能になったという仮説を提起しました。
現存する哺乳類は、爬虫類や両生類と違って複雑な集団を形成しますが、その原型はこの母子関係にあります。現存する哺乳類を類型分析し、その原型が母子関係にある事を示した記事がありましたので紹介します。

(さらに…)

>