RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2019年9月24日

2019年09月24日

”遊び”と機能発達

子どもの遊びについて、前回の記事リンク に続き追求していきたいと思います。

遊びは、動物にとっても人類にとっても本能に根差したもので、生きていくための知恵を遊びならが身につけていくという重要なものです。

そして、共認機能を獲得した猿~人類は、本能機能を働かせる為の模擬訓練としての”遊び”に加えて、共認機能を十全に働かせていく為の”遊び”。そして人類の場合は、”観念機能”を十全に働かせていく為の”遊び”も必要になってきます。

以下リンクより、紹介します。

***********************************************************************

自然界を見ると、高度な動物になるほど、「遊び」を行っており、内容が複雑化・高度化していくことが解ります。

哺乳類の遊びの事例はリンクで紹介されていますが、哺乳類以前の動物である魚類でも”遊び”と考えられる行動が見られます。
例えば、比較的進化した魚類の中に、”餌”にはならない水草などを2匹で引っ張りあう、ちょうど”綱引き”のような遊びをするものがいます。(ex.淡水魚のシクリッド類)

インパラの横飛びやヤギの駆け上がり、チンパンジーの子育て遊びやレスリングなど哺乳類の”遊び”の高度さには非常に驚かされますが、魚類・哺乳類・類人猿と”遊び”の中身が複雑化、高度化していくことは、「高度に進化した動物ほど、複雑で多用な遊びを必要とする」と言うことも出来ると思います。

進化させてきた本能機能を十全に働かせ、外圧へと適応していく為には、”遊び”を通した模擬訓練・実践的訓練が必要になると言うことなのでしょう。猿・人類の遊びが、その他の哺乳類と比較にならないほど複雑な理由もそこにありそうです。
共認機能を獲得した猿~人類は、本能機能を働かせる為の模擬訓練としての”遊び”に加えて、共認機能を十全に働かせていく為の”遊び”も重要になる。そして人類の場合は、”観念機能”を十全に働かせていく為の”遊び”も必要になる。

例えば水遊びや砂遊びは、その繰り返しの中で、手などの触覚機能(=本能)を発達させるだけでなく、水や砂の性質(=科学認識)を認識することへと繋がっていきます。
鬼ごっこなどの集団遊びは、走り廻る中で本能機能を発達させるのはもちろん、集団で課題を考えたり、お互い期待をかけたり応えたりする中で、共認機能を発達させ、更には、様々な予測思考や連関思考(因果律・手順律)を繰り返す中で、観念機能も発達させていきます。

このように見てくると、遊びの”本質”とは、外圧に適応する生体へと身体や脳を発達させていく為の、機能発達の場、実践的訓練の場にあると言えそうです。(実際、子供の頃に集団遊びを繰り返すほど、脳神経回路が発達すると言う報告もあるリンク

参加者・人数や場所などによって、無限とも言える複雑な組み合わせを持ちえる従来の遊びとは違い、文字通り”プログラムされただけの”単純刺激であるTVゲームでは、このような機能発達は望めず、時間の浪費でしかありません。
現在社会には、”子供の遊び=取るにたりないもの・時間の浪費”と言う感覚があるように思いますが、遊びをただの時間の浪費へと陥れたのは、市場社会に他ならないでしょう。

環境問題を始め、現在社会に溢れる未明課題を突破する人材を育成していく為にも、自然の摂理に基づいて、遊びに対する認識を180度転換し、その内容を見つめ直していく必要があると感じます。

********************************************************************************

>    

2019年09月24日

水が持つ生命エネルギー2~佐野千遥氏の論証

水に感謝の言葉をかけると生じる効果について、スミルノフ学派の佐野千遥氏は、次のように論証している。

ポラック、モンタニエ「水からの伝言」のスミルノフ厳密物理学による論証

「水からの伝言」wikipedia

“『水からの伝言』は水の結晶である氷に人類へのメッセージが読みとれるとする江本勝の著作。水を氷結させて、水に向かって様々な言葉をかけたり、音楽を聴かせたりしてカメラのついた特殊顕微鏡で撮影した結晶の写真の写真集。”
“本書には江本氏らによる独自の方法で撮影した「雪花状の氷」の写真が多数収録されている。「水からの伝言」では水の結晶の写真に、「水に言葉をかけると、結晶の形がその言葉に影響される」といった主旨の文章がキャプションとして付されている。

但し、誤解が起こらない為に申しますが、私の本ブログと理論は、江本勝氏の“波動測定器”に賛同しているのではない。はっきり言って、“波動測定器”の“波動”とは誤謬のカッコ付き「正統派」現代量子力学の“波動方程式”の“波動”に多大の影響を受けたものであり、このような方向の研究は人間の健康維持増進の為に殆ど役に立たない。

スミルノフ物理学は次のように論証する。

水H2Oの分子では、Oと2つのHを結ぶ線の角度が、正4面体の中心から各頂点に向かう線同志の成す角度とほぼ同じである結果、水の結晶は基本的には正4面体の構造を成し、ところで正4面体とはトポロジカルにメービウスの帯と同相(正4面体の4頂点を一筆書きで辿ると立体8の字になり、メービウスの帯を中心線に沿ってハサミで切ると立体8の字になる。)と成る為、この正4面体構造自体が、負の誘電率・負の透磁率下で、磁気単極子の生成に関わる。

元々負の透磁率の水は液晶相に於いて強誘電率=強力なピエゾ物質となり強力な負の誘電率・負の透磁率を現出する。

つまり負の誘電率・負の透磁率の空間に流れ込むエネルギーよりも流れ出るエネルギーの方が恒常的に大きい事を意味する。

つまり強力に負の誘電率・負の透磁率の液晶相の水は外に存在する同じく負の誘電率・負の透磁率の発光体内部からの光の放射を受けて、負の誘電率・負の透磁率の水の中で、受けた光情報の液晶結晶構造化を行う。宇宙中のS極磁気単極子を繋いでいて且つ蜷局を巻いてS極磁気単極子の質量粒子を構成しているS極系エーテル繊維は宇宙中の出来事を記録して“アカシック・レコード”として記憶している。

>    

2019年09月24日

水が持つ生命エネルギー1~感謝の言葉をかけた水を飲むと病気が治る

不食で生きている人が世界中に数千人いると言われているが、水を飲まずに生きている人はほとんどいない。
実際、血液をはじめとして、人体の70%は水である。
つまり、生命エネルギーとしては、食物よりは水が根底的な役割を果たしている。

「水はもの凄いエネルギーを秘めている!感謝の言葉で病気が治ったり、若返ったり!」から転載する

26年間悩んでいたアトピーが一ヶ月で治った。
一ヶ月後白髪が真っ黒に!
など、体内に入るありとあらゆる水に感謝の言葉をかけたら、病気が治ったり、若返ったり・・・。
水にはものすごいエネルギーがあるようです。
--------------------------------------------
今回は、小林 正観さんが書かれた書籍「幸も不幸もないんですよ」より、『アトピーが消えた不思議な水の力』のお話を紹介したいと思います。

アトピー性皮膚炎は西洋医学ではなかなか治り難い疾患の一つだと私は思ってます。
ステロイドを塗ってかゆみを抑えた処で、実は症状は悪化していくようです。
アトピー性皮膚炎を根本的に治癒するなら、食事療法を主体とした自然療法が有力な一つの方法と思っていました。

体内に溜まった毒素が、肝臓や腎臓で処理しきれなくなって、皮膚で出てきたものが皮膚の疾患という捉え方ですから、まず食べ物を本来私たち人間に適したもの切り替えて、体の中からキレイにしなければならないのです。

ところがビックリ!
『私の細胞を正常にして下さってありがとう』と
水は、コーヒーも紅茶も味噌汁も、体に入る水という水すべてに心から感謝を込めてお礼を言い続けたのです。
そうしたら、26歳のお嬢さんが1ヶ月くらいで生まれてから苦しんできたアトピー性皮膚炎が治ってしまったのです。

■アトピーが消えた不思議な水の力
私(小林 正観さん)が49歳のときのこと。
髪の毛が半分白かったのです。順調に中年のおじさんになりつつありました。

そんなときに、ある人に会いました。講演会のお茶会に、見知らぬ人が参加していました。
見知らぬ人、初対面の人がお茶会に参加すること自体は珍しいことではありません。
ですが、妙に親しげなのです。
「初めてお会いするのですよね」と聞きました。
「何を言っているんですか。○○家の○○子ですよ」と言うのです。
その人は家族ぐるみで、何回も会っている人でした。

「え。そんな顔していましたっけ」と私。
「そうですよね。この顔は初めてですよね」とその人が。
「意味がわかりません。どういうことですか」
「前回まで、ずっとアトピーだったんです。ひどいアトピーで、薬でも温泉治療でも治りませんでした。死にたいと思ったことが何度あったかも知れません。

でも、つい最近ある人からこう言われたんです。
水分をとるときはその水に向かって言いなさい。

『私の細胞を正常にして下さってありがとう』と。
水は、コーヒーも紅茶も味噌汁も、体に入る水という水すべて。
ほかの治療を全部やめてこれをやることにしました。
そうしたら2週間で膿が止まり、その後2週間でかさぶたが全部はがれました。

つまり、26年間苦しんできたアトピーが、水に話しかけ飲んだだけで治ってしまったんです。

前回までは5ミリのブツブツの間をファンデーションで埋めてから、そこに目や口を描いていましたから、毎回違う顔でした。
今日はすっぴんで、これが本当の顔です」

すごい話で驚きました。
が、それはそれでとても楽しい話です。

私もやってみたい、人体実験してみたいと思いました。
しかし、そのとき、私には不調なところがありません。
自覚できる「治った」「変わった」と言えるようなところはないだろうか、と探しました。

1つだけありました。髪の毛です。
ありとあらゆる水に「若返らせて下さってありがとう」と言いながら飲みました。
1ヶ月後、髪の毛が真っ黒になりました。
以来、私の髪は黒いまま。まったく染めていないのに黒いのです。

三つ目の事例。
完全に100%しらがになっている70歳の人が、この話を聞きました。そして実践。
1年間水に向かって「若返らせてくれてありがとう」と言い続けました。
1年後、半分以上黒髪になりました。

私の知り合いの医者に言わせると、高齢になるとメラニン色素が髪の根元に集まらなくなるのだそうです。
たとえ集まったとしても、集まったメラニン色素を髪の毛の中に送り込むのは、膨大なエネルギーが必要なのだとか。
エネルギーが沢山ある若い人ならともかく、70歳の人が、と驚いていました。

この三つの実例の結果、以下のようなことが推定されるのです。

水はもの凄いエネルギーを秘めているみたいだ。
体の中で私たちの望むように働いてくれるみたいだ。
命令したり威張ったりしてはいけないが、ありがとうや感謝の気持ちが伝わると、よく言うことを聞いてくれるみたいだ。

【出典】幸も不幸もないんですよ 人に、お金に、運に好かれる法則 小林 正観著

>