RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2011年06月22日

シリーズ「日本支配層の思想性と精神性」 第1回 ~日本支配層と「神国日本」思想~

みなさんこんにちは :D
今回から、新シリーズとして「日本支配層の思想性と精神性」をテーマに追求を行って行きたいと考えています。
「知られざる人類婚姻史と共同体社会」と言うブログ主旨からは若干ずれたテーマのように感じますが、「日本」と言う共同体性を強く残した社会について考えて行く上で、「支配層の思想性と精神性」について追求することは非常に重要であると考えています。
b47ab679-s.jpg
画像はこちらから頂きました。
中身に入る前にポチッと宜しくお願いします

にほんブログ村 歴史ブログへ


実は、このテーマを扱おうと考えた背景には、6月5日に開催された「なんでや劇場」の内容が影響しています。

ここで疑問がある。明治維新や日露戦争まではロスチャイルドの力を借りて成功したと言えるが、太平洋戦争ではロスチャイルドにそそのかされて戦争した結果、大量の戦死者を出し、日本は焦土化し、最後には原爆を落とされて悲惨な敗戦を喫したわけである。
にもかかわらず、なぜ、裏切られたロスチャイルドとくっついているのか?日本の支配階級、旧陸軍勢力は一体、何を考えているのか?
太平洋戦争や御巣鷹山事変の真相を知ると、彼らが尋常な神経を持っているとは思えないのだが・・・
日本人は縄文体質(共同体性)を濃厚に残しているが、それはあくまで庶民の話であって、日本の支配階級には別の歴史的な流れがあるのではないか?
⇒では、日本の支配階級は、どのようにして登場し、成立してきたのか?それが、太平洋戦争~現代までの、我々には理解不能な闇勢力の思考にどう繋がっているのか?
るいネット「6/5なんでや劇場(11) 支配階級の骨身に染み付いた属国根性」より

なんでや劇場の内容詳細は、るいネットを参照いただければと思いますが、例えば昨今の原発事故対応を巡る政治家・官僚・学者の対応を見ていても、「一体何を考えているのか」「尋常な神経を持っているとは思えない」ことばかりです :evil:
それは太平洋戦争等においても同様で、誰の目から見ても明らかに負けると解っているような戦争をなぜ推進していったのか。政治家・官僚・学者と言った支配層は、明らかに庶民の感覚とずれた異常感覚・異常思考を持っていると言わざるを得ません :evil:
今回のシリーズでは、このような支配層の「思想性」「精神性」について明らかにして行きたいと考えています。
切り口は色々考えられますが、取っかかりとして、日本の戦争史にも大きな影響を与えた「神国日本」思想から扱っていきます。
「神国日本」思想と言えば、明治~太平洋戦争における大日本帝国を思い浮かべますが、近年でも森元首相の「神の国」発言や、安部元首相の「美しい国」などに見られるように、いまだに統合階級・支配階級に根強い思想性のようです
また、「神国」と言う言葉は、軍国主義の正当化の為に利用してきた、単なる「お題目」のように捉えられることもありますが、日本の統合階級・支配階級は、本気で「神国日本」と言うことを信奉していたようです
なぜ日本の統合階級・支配階級が「神国日本」に嵌るのか、そもそもその思想の起源はどこにあるのかについては、今後随時追求していきますが、まずは、(ホットな話題として)3月11日の東日本大震災以降ベストセラーにもなっている「日月神示」と言う神示(神様からのお告げ)を巡るエピソードを通して、支配階級と「神国思想」の関係性について見ていきたいと思います。
次回もよろしくお願いします :D

>   List   

trackbacks

trackbackURL:

comments

う~ん、タヒチの“性は日常”のありようってすごい…!
今の日本の常識からは程遠いけれど、なんだか羨ましい気がしてしまうのは、縄文から流れる血のせいなのかなぁ(笑)
出発点は“性の話をオープンにできるかどうか”。
これから日常でも少しずつチャレンジしてみたいなぁと思いますo(^-^)o

  • ちょこけーき☆
  • 2012年8月2日 22:59

こんにちわ!
5歳の娘から、「子供はどうやって生まれるの?どうしてできるの?」
と聞かれ戸惑ったことがあります。
ちょっと恥ずかしいですが、
「男の人は赤ちゃんの種を持っていて、女の人は卵を持っている。お互いに好きで結婚すると、それが一緒になって赤ちゃんができるんだよ」
と、伝えました。
なんとかこの難を切り抜けました(汗)。
タヒチの話を見て、いいなあ~と思いました。
オープンになろう!と・・・ちょっとした下心を持ちつつ思いました!
縄文時代の話、楽しみです!

今の生活からすると、タヒチの様子はビックリするような話ばっかりですけど、
何か、タヒチの人たちの気持ちも解かる!ちょっと羨ましい!と思っちゃいますね。
日本では夜這いの風習がつい最近まで残っていたことも考えると、
実は、日本でもついこの前までタヒチのような開かれた性関係だったんでしょうね。貴重な文献の紹介、ありがとうございました。

  • boraborakun
  • 2012年8月8日 14:03

私は発見 ウェブサイト Googleでと調べるあなたのあなたのいくつ初期の記事。アップ続ける 維持するために維持する 非常に良い優れたが動作します。 I 単に 追加 |リーダー私のMSN インフォメーションニュースにあなたのRSSフィードまで。 を求めて 前進から読書 余分な!あなたその後から?

セリーヌ ナノショッパー

mbt women 共同体社会と人類婚姻史 | 日本婚姻史に学ぶ共同体のカタチ シリーズ2‐④「縄文の源流をタヒチにみる ~性は日常・性は充足~」

moncler outlet yahoo 共同体社会と人類婚姻史 | 日本婚姻史に学ぶ共同体のカタチ シリーズ2‐④「縄文の源流をタヒチにみる ~性は日常・性は充足~」

共同体社会と人類婚姻史 | 日本婚姻史に学ぶ共同体のカタチ シリーズ2‐④「縄文の源流をタヒチにみる ~性は日常・性は充足~」

共同体社会と人類婚姻史 | 日本婚姻史に学ぶ共同体のカタチ シリーズ2‐④「縄文の源流をタヒチにみる ~性は日常・性は充足~」

共同体社会と人類婚姻史 | 日本婚姻史に学ぶ共同体のカタチ シリーズ2‐④「縄文の源流をタヒチにみる ~性は日常・性は充足~」

共同体社会と人類婚姻史 | 日本婚姻史に学ぶ共同体のカタチ シリーズ2‐④「縄文の源流をタヒチにみる ~性は日常・性は充足~」

In order to UGG, AUKOALA various other brands of high-heeled snow boots this particular year launched series, breaking snow boots can be “flat along with the” inherent pattern high heels will become this particular year’s fashion focus.
ugg 手入れ 雨

UGG footwear, apparel and also handbags brand name, well-known trademarks, USA deckers are registered trademarks of the actual company in the actual world.
ugg偽物見分け方 タグ

-私は考えますほぼ観察された押しつぶされた石造りの砂丘の連発の球にサインアップするに駆られて。1959に至るまで、ナイトはジャーナリズムの下度にオレゴンから彼女を乗り越えた。しかし彼の夫婦関係を処理する方法のために失敗することは、無関心大学生に関するとされて、騎士は軍隊の中に入隊。セグメントの各年を完了した後、ナイトは私がスタンフォード金融機関でのビジネス研究科に入学するだろうと思った。
chanel 財布 http://www.gianlucalopez.com/img/CHANEL-watch-c-11003.html

その袋の内の部分を見てください。これらの新しいグリーンソリューション彼らのデュアルプロセスは、ジョブ。非常に最初の処理位置のプラスチック微生物は、プラスチックを消費以下の酸化されていてもよい。
シャネル バッグ http://www.ordination-nenning.at/admin/CHANEL-watch-c-11003.html

ローレンの眼に影響を与えると多くの場合ユニークな発想の最も基本的なファッションフォトグラファー、パトリック デマルシェリエとしてブルース Weber、エヴァ ターベビルを含むこの記事では捉えた感性詐欺。Ould 導入を備えオードリー ・ ヘップバーン (CFDA アワードの上部にブリッタ 1992年ラベル音声) から、この通常ユニークなアプローチのモノグラフ、それの表情で珍しい検索この国の 1 つの心を所有しているアーティスト最も達成の建築家一年 ‘ ラウンド。2 番目のステップ、ローレン シーケンス内と強大な重要な最もよく知られている、彼についての制約より人気のある作品手百滑走路の約束、彼の署名の映画のような広告キャンペーンやマーケティングでのコレクションのカップルから。
TUMI 店舗 http://www.protem.it/js/Tumi-Womens-Bag-c-11010.html

hermes bag zipper 共同体社会と人類婚姻史 | 日本婚姻史に学ぶ共同体のカタチ シリーズ2‐④「縄文の源流をタヒチにみる ~性は日常・性は充足~」

comment form
comment form
*