RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2011年6月14日

2011年06月14日

シリーズ「モンゴロイドの歴史」7~中国における社会統合原理の劇的な大転換~

東日本大震災は、日本に多大な爪痕を残しました。原発事故も目に見えない放射線に対して、今だ事態収束の途にたっていない状況です。これは改めて社会の仕組みを再考しなければいけないことを示唆し、社会が転換の時代を迎えていることの表れなのではないでしょうか?
このシリーズではあるべき社会を再考するための礎として、我らモンゴロイドの歴史を紐解き、人類史におけるモンゴロイドの社会転換と可能性収束の歴史を追っています。
1.人類史を追求する意義と視点
2.人類の出アフリカとモンゴロイドの誕生
3.原モンゴロイドの北上
4.南方モンゴロイドの拡散
5.新しい北方適応モンゴロイド=新モンゴロイドの登場
6.モンゴロイドが北方適応形質を獲得したのはいつか?
500万年前にアフリカ大陸で誕生した人類は、気候変動に伴う環境変化でアフリカ大陸出て、東へ進路を取りました。そして、ユーラシア大陸を北上していく原モンゴロイドや、スンダランドに適応するも温暖期の到来により再拡散するスンダ・モンゴロイドを紹介してきました。前回は牧畜・遊牧を始めた【新モンゴロイド(O3)】について紹介しました。
今日は、1.4万年前に海岸沿いを江南地方から中国全域に移動したグループ(シナ・モンゴロイド×中亜モンゴロイドの混血)の、【原中国人(O1・O2)】(=初期農耕文化の担い手)~4000年前【夏王朝誕生】までの、<中国における社会統合原理の劇的な大転換>を紹介したいと思います。
%E5%9B%B3%E8%A7%A3%EF%BC%91gggg.jpg
(↑クリックすると大きくなります。上図の赤囲いが今日の登場人物達です。)
続きに行く前に応援の方、よろしくお願いします。

(さらに…)

>