RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2007年7月24日

2007年07月24日

江戸の庶民は、恋愛と現実の結婚とは、別物と考えていた

田舎の村落共同体では、村の男女が性を共有する「夜這い婚」があったが、都市部の江戸はどうなっていたのかと思っていたら、
『江戸の恋:「粋」と「艶気」に生きる』 著者である田中優子がホームページで 「結婚」 について、コラムを書いている。江戸の庶民の男女関係が垣間見れて面白い。
例えば、江戸の庶民は、恋愛は大らかな性文化としてエンジョイしていたらしい。しかし、結婚は別の物で、極めて現実的なもので、楽しみとしての恋愛とは全く別物と考えていたらしい。 :roll:
%E5%95%86%E5%AE%B6%E3%81%AE%E5%A8%98%EF%BC%88%E6%B1%9F%E6%88%B8%E5%BE%8C%E6%9C%9F%EF%BC%89.jpg
商人(10代)の娘
続きは・・・・
まずは、ポチット お願いします。

(さらに…)

>