RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2008年2月4日

2008年02月04日

事実婚に対する現代の社会保障

souzoku_1.jpg(「東京弁護士会」HPより拝借)
昨今【事実婚】って言葉をよく聞くようになりましたね。
でもよく調べてみるとこの言葉は最近のものではなく、遅くとも1980年代からすでに存在しており、しかもそのことについての研究までされて本も出ているんですね
・太田 武男『事実婚の比較的研究』(有斐閣、1986)
・二宮 周平『事実婚の現代的課題』(日本評論社、1990)
なんて本があるようです。
最近では事実婚をしている人がその体験をブログに書いてたりして、それを読んでみると当人達は法に則って”籍”をいれる【法律婚】と比べ日常生活では何の不自由もなくすごしているといっています。
となると、法律上の”夫婦”っていったいなに?
【法律婚】と【事実婚】の違いに何の意味があるの?
【事実婚】に絡む社会保障ってあるの?
ということで、少しばかり法律上の扱い、特に社会保障制度について調べてみました。
続きに行く前に、いつもの応援もよろしくお願いします。

(さらに…)

>