RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2008年2月28日

2008年02月28日

かつて日本では、子供は神の子であった。

昔の日本人は、子供をどのように認識していたのだろうか?
宮田登氏の『老人と子供の民俗学』(白水社、1996) では、「七歳までは神の子」と、当時の子供観を解説してる。
どういう内容を紹介します。
↓その前にポチットお願いします。

(さらに…)

>