RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2009年2月4日

2009年02月04日

ネアンデルタール人に何が起こったか?

 皆さんはネアンデルタール人について、どんな印象をお持ちでしょうか。
 最近では、ネアンデルタール人は生物学的にわれわれに近縁の人類であることがわかり、形質的に細かい部分で数多くの特異点をもっているが、それらは小さい相違点であると見なす研究者が多くなっています。
 たとえば、ネアンデルタール人が現代によみがえり、身だしなみを調え、きちんとスーツを着れば、ニューヨークの地下鉄の中にいても異質な感じはないだろうとさえ言われているそうです。
 彼らは、ほぼ20万年間にわたって、ユーラシア大陸に散らばって暮らしていました。その分布域は今の欧州全域から中東やアジアにまで及び、南は地中海沿岸からジブラルタル海峡、ギリシャ、イラク、北はロシア、西は英国、東はモンゴルの近くまで達していました。
Carte_Neandertaliens.jpg
そして2万4000年前まで生存し、最後の9000年は、現生人類(コーカソイド)と共存していたと考えれています。
しかしコーカソイドだけが、ネアンデルタール人と共存していたため、ネアンデルタール人に関する白人の研究には、白人の優位性を主張したい、彼らの価値観が反映されていることがあり、慎重に検討する必要がありそうです。
 特に混血があったのかどうか、何故滅亡したのかなどは、私たち日本人が考える以上に切実な問題として捉えられているようです。
ネアンデルタール人を巡る議論がなかなか収束しない。良く分からない点が多いのはそこにも原因がありそうです。

 そんなネアンデアルタール人の生活を探り、彼らの滅亡の謎に迫って見たいと思います。
ネアンデルタール人について興味が沸いた方はクリックをお願いします。

 

(さらに…)

>