RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2009年8月12日

2009年08月12日

日本人の言葉と共認内容~プロローグ

2008年8月12日のなんでや劇場を機に始まった「日本人の起源」追求は、同9月のリーマンショック以降「米国発の世界経済破局が押し迫る状況にあって、新しく世界をリードするのは日本しかないと思われるが、果たして可能なのか?どうすれば可能になるのか?」という問題意識も加わり、当ブログでも色んな切口で「日本人の成立構造の中から可能性を探して」きました。
その結果、民族的には日本列島に人が住み始めた旧石器時代(縄文期)以来、大陸から断続的に渡来してきた人々が混血し、何層にも塗り重ねられた遺伝子を受け継いでいること。そして、その渡来人の多くは大陸の掠奪闘争(戦争や内乱)の玉突きで逃げ延びてきた“敗者”であることがわかってきました。
→国家・民族間闘争史の視点から見ると「(古代)日本は(私権)弱者が肩を寄せ合って創り上げた“敗け犬国家”」と捉えざるを得ません。『負け犬集団だから(こそ)今後の世界をリードできる?』これでは実現の論理とは言えません。
そこで、起源追求とは違う切口で『日本人の可能性基盤』にアプローチしてみたいと思います。
それは『日本人の共認内容の特性と変遷』です。
ポチッとしてから続きも読んで下さい

(さらに…)

>