RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2009年10月14日

本格追求シリーズ1 人類の”性”の本質を探る<人類にとって性とは?(1)性闘争を封鎖した人類>

%E5%88%9D%E6%9C%9F%E4%BA%BA%E9%A1%9E.jpg

先週の本格追求シリーズ1 人類の”性”の本質を探る<生物にとっての「性」とは?>では、
生物にとっての「性」とは、「変異・安定という異なる役割をオスメスで担うことで、種として環境に適応していくためのシステムである。」と固定しました。
そして、当然人類のオスメスの性の役割も、本能(DNA)のレベルではこの役割機能を踏襲しています。
まず人類の性と他の生物の性は、何がどう違うのか?極限時代に遡り具体的に押さえていきます。
人類が誕生した極限時代の状況、その中で本能の上に共認機能や観念をどのように塗り重ねて来たのか?その中で性はどう変わったか?男の役割・女の役割とは?
いつものブログ応援もよろしくお願いします。

画像は、こちら からお借りしました。

にほんブログ村 歴史ブログへ


極限時代の共認機能の発達、観念機能の獲得について、以下、実現論「人類:極限時代の観念機能」より
●過酷な自然圧力・外敵圧力に残された共認機能を唯一の武器とした。

人類は、樹上に棲めるという本能上の武器を失った結果、想像を絶する様な過酷な自然圧力・外敵圧力に直面した。そこで、本能上の武器を失った人類は、残された共認機能を唯一の武器として、自然圧力・外敵圧力に対応し、そうすることによって、共認機能(≒知能)を更に著しく発達させた。

●人類は、共認機能を自然に対して作動させ、観念機能を獲得した。

極限状況の中で、人類は直面する現実対象=自分たちを遥かに超えた超越存在たる自然を畏れ敬い、現実対象=自然に対して自分たちの生存(=危機からの脱出)への期待を込め、自然が応望してくれる事を切実に願った。つまり、人類は直面する過酷な現実対象=自然を凝視し続ける中で、元来は同類を対象とする共認機能を自然に対して作動させ、自然との期待・応望=共認を試みたのである。そして遂に、感覚に映る自然(ex. 一本一本の木)の奥に、応望すべき相手=期待に応えてくれる相手=精霊を措定する(=見る)。人類が万物の背後に見たこの精霊こそ、人類最初の観念であり、人類固有の観念機能の原点である。直面する現実対象(例えば自然)の背後に精霊を見るのも、物理法則を見るのも、基本的には全く同じ認識回路であり、従って精霊信仰こそ科学認識=事実認識(何なら、事実信仰と呼んでも良い)の原点なのである。  

●人類にとって観念機能が、DNA進化に替わる新たな進化機能となった。

この観念機能(特に言葉)は、サルが頼りにする表情や身振りによる共認よりも、遥かに多様で容易な共認を可能にし、共認内容の無限の組み替えを可能にする。従って、観念機能こそ、DNA進化に替わる新たな進化機能=共認機能の完成形態であると言える。

●観念機能は、本能回路や共認回路を充足させる為にある。

人類の最先端機能たる観念機能は、あくまでも本能回路や共認回路を充足する為にある。もっと簡単に言えば、現実課題に応えるためにあり、行動を導く為にある。従って、観念機能は、精霊信仰以来一貫して目の前の現実世界(自然や同類)を対象化してきた。そして現実対象⇒事実認識の蓄積によって、人類の生存様式を進化させてきた。

 
●極限時代の人類は、この凄まじい外圧の中で性闘争を全面封鎖してきました。

凄まじい外圧に晒され、共認機能(更に観念機能)を唯一の命綱として生き延びた人類は、共認を破壊する性闘争や自我を五〇〇万年に亙って全面封鎖してきた。実際、この極限状況では、人類は期待・応望の解脱充足を生きる力の源にしており、その充足を妨げ、生きる力の源を破壊する様な性闘争や自我が徹底的に封鎖されてゆくのは必然である。あるいは、絶対的な課題共認・規範共認によって(つまり、絶対的な共認圧力=集団統合力によって)、性闘争や自我が発現する余地など、全くなかったとも言える。

想像を絶するような過酷な自然外圧・外敵圧力状況下で、本能上の武器を失った人類は、共認機能を強化し観念機能を獲得して生きてきました。そして、人類にとって、観念機能こそDNA進化に替わる新たな進化機能となりました。この最先端機能である観念機能は、共認回路、本能回路を充足させるためにあります。
また、人類はこのような過酷な状況下の中では、性闘争どころではありません。
哺乳類のころから強化してきた性闘争では、共認を破壊し集団を破壊するだけで、種を存続させることが不可能なため、性闘争を全面封鎖しました。
哺乳類の性闘争本能については、こちらを参照。
            ↓
生物史から、自然の摂理を読み解く 「哺乳類の性闘争本能の強化と内雌外雄1」
哺乳類で強化した性闘争本能を全面封鎖した人類は、共認機能・観念機能を使った新たな性関係を作りだし、男女の役割分化を行い、生物の性の本質である「変位と安定」「闘争と生殖」を進化させていきます。
共認社会に移行した現在、私権時代の性闘争本能による自我・独占欲による男女の性関係では、性欲は生起しなくなってきています。性闘争を自然に封鎖したセックスレスの増大や草食男子の増は、このことを示しています。
参照:るいネット「セックスレスの原因の本質は性闘争本能の作動停止にある」

さらに私権が衰弱すると、残った独占欲・支配欲の性は完全に後ろ盾を失ってついに衰弱。これが「性」そのものが衰弱し誰もがセックスレス化してしまった現在の姿なのだと思います。

現在は極限時代と同じ共認社会であり、現在社会に必要な男女関係の答えは、ここ極限時代にある。と考えています。
    極限時代     →    私権時代    →       現在
    共認社会           私権社会          共認社会
  (過酷な自然外圧)      (金、地位、女)     (生存圧力からの脱出)
      ↓↓               ↓↓               ↓↓
   性闘争の封鎖       性闘争本能復活     性闘争を自然に封鎖
  共認・観念による      自我・独占欲による   セックスレス・草食男子他
    男女関係           男女関係       これからの男女関係は?
では、性闘争を封鎖した人類の性とは?どうのようなものだったのでしょうか?
共認回路・観念回路と性は、どのような関係だったのでしょうか?

(つづく)
るいネット
メルマガ

>   List   

trackbacks

trackbackURL:

comments

ペンネームを七海半太郎と申します。
スキタイの隣に居たアマゾネス、中国の女國に興味あり、女だけの国があった。
どういうことなのか、ヒントになる
文献を教えていただければ、幸甚です。

comment form
comment form
*