RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2008年9月1日

2008年09月01日

DNAでたどる日本人の成り立ち1

DNA分析より、日本人を構成する人々がいつ、どれくらいやってきて、どのように増加していったのかの試算に取り組みたいと思います。
まずは、崎谷満著『DNAでたどる日本人10万年の旅』より、Y染色体のDNA多型分析から日本人の成り立ちを概略押えたい。
Y染色体はAからRまでの18の系統に分けられる。
下表の( )内の数字は分岐推定年代で、単位は年前。
赤字のが日本まで辿り着いた主な亜型で、出アフリカの3系統のいずれもが今でも日本列島で存続・共存し多様性を保持していることは、世界的に見て非常に珍しく、歴史上の不思議といえるようだ。(他ではかつて存在した系統も壊滅した例が見られる。)
Y────┬─A(42,800) アフリカ固有
(90,420) └─BR┬─B(36,800) アフリカ固有
     (82,000) └─CR┬─(27,500) CRは出アフリカ第1グループ
          (68,500) ├─DE──┬(13,000) DEは出アフリカ第2グループ
                 │(38,300)└E
                 └─F─┬─G Fは出アフリカ第3グループ
                (53,000)├─H
                       ├─I
                       ├─J
                       └─K─┬─L
                      (35,600)├─M
                             ├─┬(8,830)
                             │  └(17,500)
                             └─P─┬─Q
                            (29,900)└─R
応援よろしく  by岡
  

(さらに…)

>