RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2008年9月13日

2008年09月13日

生産様式の進化;農耕と牧畜の起源

人類は約7百万年前にアフリカ大陸に登場し、そこから4段階にわたって他大陸移動を試み、約1万年前に地球上各地に拡散~適応してきた過程を追ってきました。この中で、人類においても【逆境こそが進化の源泉】であり、大陸を跨る大移動も、生き残りをかけての『決死行』であったことが推察できます。
この時代は「旧石器時代」と呼ばれることからもわかるとおり、木の実や貝を採ったり、骨を加工した銛(もり)で魚を漁ったり、小型の草食動物を手槍で狩ったりする『採集生産』によって食料を得ていた(後期になるとマンモスなど大型獣も狩っていたという説もある)ようです。
しかし、‘ねぐら’としていた洞窟を出て食料採集に出かけることも、いつ襲ってくるかわからない外敵に怯えながらの『決死行』に違いなかった。みな手槍など防衛のための武器を携え、見張りを立てながらの『密猟(漁)』行為に近かったのではないかと考えられます。(『初期人類は骨を食べていた』『洞窟に隠れ住んでいた初期人類たち』も参照してください)
約1.5万年前、飛び道具=弓矢を発明して、ようやく肉食獣と互角に渡り合えるようになります。
(余談ですが、槍は1本しか持ち歩くことができないので、それを投げてしまうこと=投げ槍=諦めることを喩えるのも頷けます。)
弓矢発明以降の人類は、洞窟を離れ食料採集に有利な位置に居住するようになると共に、それまでの極限時代に鍛えた観念機能を活かして【植物の栽培⇒農耕】や、【動物の飼育⇒牧畜】など、生産様式をどんどん多様に進化させていきます。
これ以降は、考古学遺跡などが発掘調査されているので、以前の“なんでや劇場”で整理した成果を紹介します。
その前にいつものポチッとお願いします。

(さらに…)

>