RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2010年8月15日

2010年08月15日

シリーズ「私婚関係から私権の共認へ-Vol.2」 ~実現論 第二部:私権時代より-①~⑨~ ⇒『男女関係が社会の根本』であり、現代社会問題も男女関係に繋がっている!!

新聞、マスコミさらには教科書では学べない、新たな社会認識を学んでみましょう。
問題多発の現代の文化は、欧米を中心とする掠奪部族~国家が世界を制覇した掠奪文化です。
ci_ae_dxb.jpg
ドバイの夜景:「HOTEL STEP」よりお借りしました
つまり、武力と経済力で世界を制覇して、「個人主義」「民主主義」「恋愛主義」「市場経済主義」が正しく、その様な欧米文化を広めることが進歩だと布教してきました。
この文化(社会制度)も根本にあるのが、歪んだ男女関係(婚姻制度)が関係しているのです。
つまり
一対婚(=一夫一婦制)は、人類の原始からそうであったのではない。
一対婚制度は、男女の邪心を源泉とする掠奪闘争~国家が成立することで出来た制度。
現代社会の行き詰まりは、この(~男女の邪心を源泉とする)掠奪文化が、根本原因だ。
と言えるのです。
このシリーズ
「私婚関係から私権の共認へ―VOI.2」~実現論 第二部:私権時代より ①~⑨
でその内容が述べられています。ダイジェストのその内容を見てみましょう。
その前にポチットをお願いします。

(さらに…)

>