RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2019年6月13日

2019年06月13日

西欧科学の不整合2 生命・人体系、医療系➁~「がんは治療すべきではない」が世界の常識 他

実際、西欧科学では説明できない数多くの現象事実や不整合が存在する。その例を挙げる。
--------------------------------------------------
【G.アレルギーを引き起こす原因は食物ではなく、人工物質】

アレルギー疾患は先進諸国に多く、開発途上国には少ない(アフリカや南米にはアレルギーの存在しない地域もある)。

人工物質は、細菌との共生関係を狂わせ免疫機能を阻害する(農薬や抗生物質や排気ガスetcは、細胞膜の修復機能を阻害し細胞を酸化させ、細胞膜のほころびからそれらの人工物質がタンパク質とともに侵入する。)

 

【H.花粉症の原因も、人工物質】

花粉の多い田舎より、花粉の少ない都会の方が、花粉症の人が多いのはなぜか。同様に、田舎から都会に出てきた途端に、花粉症になるのはなぜか。

ネズミに、スギ花粉だけを注射してもアレルギーを引き起こすIgE抗体は産生されず、スギ花粉にディーゼル車の排気ガスの微粒子を混ぜて注射をするとスギ花粉に対するIgE抗体が産生された。このことから、スギ花粉だけでは花粉症は発生しないが、そこにディーゼル車の排気ガス有害化学物質が加わると花粉症が発生する事が分かった。
また、「花粉は有害」と観念で思い込むことが、過剰免疫反応を加速させる。実際に、「花粉は有害ではない、自然の一部である」と認識し、自然と花粉に感謝することで全快した事例が多くある。

 

【I.タバコ発ガン説の嘘。発がんの原因も、人工物質】

タバコは2300年間の歴史をもつのに、近年になって肺がんが増えてきたのはなぜか。喫煙率が下がっているのに、肺がんが増えているのはなぜか。禁煙者の方が肺がん疾患率が高いというデータを近代医学が無視するのはなぜか。

「タバコは肺がんの原因」の根拠となった動物実験は、人間の体格に換算すればおよそ200本分に相当する本数のタバコを毎日ネズミに吸わせるというもの。しかも、それだけ異常な量を吸わせて、肺がんになったネズミは100匹のうち数匹にすぎなかった。(それぐらいのパーセンテージなら、肺ガンはタバコを吸わせなくても発生する。したがってこの実験結果は、むしろ喫煙と肺がんのあいだに因果関係がないことを証明したようなものだという見方もできる。)

学者やマスコミが、より大量に摂取あるいは吸収し、がんやアレルギーの原因となっている人工物質(排気ガスや農薬や食品添加物や放射能や電気製品の電磁波)の危険性を殆ど取り上げず、タバコだけを悪者に仕立て上げるのはなぜか。

 

【J.早期発見できない健康診断】

血圧の正常値の上限は、1987年の180未満から現在の130未満まで、どんどん引き下げられてきた。この基準値引き下げの結果、高血圧と「判定」される患者は170万人から2700万人へと16倍に膨れ上がり、高血圧疾患には年間2兆円も使われるようになった。

また、胸部X線検査は、約100年前に国民病だった結核を診断するため導入された検査だが、現在は結核患者が激減したため、目的を「肺がんの早期発見」に変更した。しかし、がん専門医が指摘しているように、「胸部X線検査で肺がんの早期発見などあり得ない」。

また、20年以上も前に米国や英国の研究で、「健康診断によって死亡率が低下することはない」ことが証明されている。

 

【K.ワクチン(予防接種)に予防効果なし。深刻な副作用あり】

高速でDNA変異するインフルエンザウィルスに対しワクチンは殆んど効果が無い。これはWHOや厚生労働省も認めている事実である。むしろ、ワクチンに含まれる重金属や他の生物のDNA断片などが引き起こす深刻な副作用が多数報告されている。米国では2009年のインフルエンザ流行の際、疾病対策予防センターが強制的にワクチン投与を進めた結果、妊婦の胎児死亡率が24倍にも上昇したことが情報公開法により明らかになっている。子宮頸がんワクチンも、米国の食品医薬品局が「子宮頸がんの原因とは無関係で、全く無意味」と認めたワクチンである。しかし日本では2010年以降、10代の希望者にも対象を広げて投与されるようになった。その結果、歩行障害、記憶障害、激しい頭痛など重篤な副作用が多発し、被害者の会が次々発足している。

 

【L.輸血は受けてはいけない。塩水で充分】

輸血は、がんの増殖を加速する。輸血は、出血を加速する。輸血は、感染症を引き起こす。輸血は、ショック死を引き起こす。

事故で半分の血液が流出した場合も、輸血をしないほうがはるかに生存率は高くなる。無輸血手術に切り替えた医者の多くは、「輸血をしていた当時よりも劇的に生存率や回復率が上がった」「二万件を無輸血で手術したが、死亡例はぜロ」etcと証言している。

「出血多量による死」を防ぐには、「水」と「塩(人工塩は×)」で充分。

 

【M.抗がん剤は造がん剤。「がんは治療すべきではない」が世界の常識】

アメリカで271人の医者に「自分自身ががんになったら抗がん剤を打つか?」と聞くと、270人が「断固ノー」だった。それも当然で、抗がん剤はベトナム戦争で枯葉剤として使われたマスタードガスから生成され、致死量もマスタードガスと変わらない。既に1988年に米議会のがん問題調査委員会では、「抗がん剤は、実は造がん剤」であると結論付けられている。

その後、抗がん剤だけではなく放射線治療も摘出手術も延命効果よりも免疫力低下の害の方が大きいことが明らかとなった。そもそも、がん細胞は常時体内で発生しているものであり、今や「がんはうかつに治療すべきではない」ことが世界の常識となっている。

実際、代替療法に国家を挙げて切り替えた、かつてのがん大国アメリカは、がん患者激減に成功している。

>    

2019年06月13日

西欧科学の不整合1 生命・人体系、医療系①~人体エネルギーはどこから生じるのか?他

実際、西欧科学では説明できない数多くの現象事実や不整合が存在する。その例を挙げる。
-----------------------------------------------

【A.人体エネルギーはどこから生じるのか】

現代西洋医学は、人体が一日に必要とするエネルギー量を食事から摂取する2300~2500kcalだけと考えているが、人間の体は例えば室温6度の中で体温を36度Cに保つ為だけでも57500~62500kcalが必要。このエネルギーはどこで生み出されているのか、現代科学は説明できない。また、世界には不食で生きている人が3000人はいるとNASAが確認しているが、これも現代科学は全く説明できない。

 

【B.栄養学(カロリー計算)の非科学性】

現代の栄養学では、〔食物を燃やして発生した熱量-排泄物を燃やして発生した熱量〕でカロリーを算出しているが、この計算式には何の科学的根拠もない。なぜなら、食物は人体内部で燃焼する訳ではないからである。例えば、牛は草だけを食べているが、牛は草の主成分であるセルロースを消化も吸収もできないので、摂取カロリーはゼロである。にもかかわらず、500kgを超す巨体に成長する。実は、腸内細菌が、栄養分を作り出している。

 

【C.細胞分裂説では説明がつかないことばかり】

胎児・幼児時代から、脳や肝臓、筋肉等の細胞は細胞分裂なしに増加しているが、生物学や近代医学はその理由について何も語れず、いまもって沈黙が守られたまま。また、人体では1日に約2000億個もの赤血球が減っているが、これは肝臓や脾臓で破壊されているのだろうという漠然とした推測で終わっている。

赤血球は、白血球や肝細胞、脂質、生殖細胞などありとあらゆる細胞に転換し、また、逆にそれらの細胞から赤血球へと戻ったりといった、千変万化の働きをしている。

また、毛細管の先端は閉鎖型になっているというのが既成学説だが、組織を観察すれば、毛細管の先端が諸所で開放型になっており、流出した赤血球を組織中に無数に見ることができる。組織をさらに注意深く検索すれば、赤血球から次段階への移行型中間像が存在することも容易に見ることができる(健康なときには正常体細胞への移行中間像、病的環境にあるときにはガン細胞等の病的細胞への移行中間像)。

 

【D.骨髄造血説の根拠となった不自然な実験】

血液は骨髄で作られるという骨髄造血説。そこから、白血病などの「血液のガン」に対して骨髄移植が唯一の手段とされている。ところがその根拠は、「10日前後食物を与えなかった動物の骨髄を開くと血が存在する」という極めて不自然な実験である。

実は、健康な動物の骨髄には脂肪細胞しか見つからない。あるいは、骨のない動物や、まだ骨のできてない卵の中にも血液が存在するなど矛盾する事実が一杯ある。

また、人体では1日に約2000億個もの赤血球が減っている(同時に生成されている)が、その理由も現代医学は説明できないでいる。

 

【E.生命体の原基ソマチッド】

生物学最大の謎である、生命誕生のメカニズム。近代の生物学では全く解明できないその「生命の起源」を解明する手がかりとなるのが、生命体の原基といわれる「ソマチッド」の発見である。

ソマチッドとは、血液中に存在する微小生命体のこと。DNAより遥かに微細な物で、強酸・強塩基によっても死なない、酷く温度を下げても上げても死なない、真空にしようが巨大な気圧を掛けても死なない、何億年も生き続ける等、「物理的生命体」と名付ける事ができる特性を持っている。

ソマチッドは、水素(電子)をエネルギー源として活動し、細菌やウイルスとは別の生命体とされているが、DNAの前駆物質でもある。

ソマチッドは、免疫機構が弱まったり不安定になったりしたときに、正常な形態(3段階)から異常領域の形態(13ステップ)へと次々と変化していく(消えてしまうこともある)。ソマチッドの形態と疾患との間には明らかに関連性があり、ソマチッドの形を見ればその人にどんな疾患があるのかも分かる。ソマチッドを検査することによってがんやリウマチなどの疾患判定ができるようになり、かつソマチッドの形を観ることで、がんなどの変性疾患の発生を18ヶ月前に予知・予測することができる。

この「ソマチッド」の発見は、生物学のみならず、医学・物理学などあらゆる科学を根底から塗り替えることになる。

 

【F.遺伝子と数字のトリック】

ある遺伝子の作り出す蛋白質は、他の多数の遺伝子群が作り出した他の蛋白質群と、極めて多様な連鎖化学反応を行っている。むしろ、Aという蛋白質がBという蛋白質としか(それ以外には)反応せず、かつその反応がA→Bで止まってしまう(それ以降は一切反応しない)ケースは、極めてマレにしか存在しない。
例えば、患者に欠損している特定の遺伝子を組み込む遺伝子治療で、予想外の副作用を起こす場合もそうで、細胞が正常に作動するには、ある遺伝子が活性化すると同時にそれを抑制する遺伝子が働く必要があり、その抑制する遺伝子を活性化させる別の遺伝子が働かなくてはならない。

従って、例えば、サルと人類の遺伝子が2%しか違わないからといって、サルと人類が98%同じであるとは言えないし、同様に、男と女の遺伝子が1%しか違わないからといって、男も女も99%は同じであるという根拠には全くならない。

>