RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2019年6月30日

2019年06月30日

千島学説による生命・細胞・血球の起源2~赤血球と原生生物との類似性

●最初の生物について、千島喜久男は次のように述べている。

「生物の進化過程には履歴反復性がある。生命は歴史的所産であり、その歴史は反復して繰り返されるという重要な根本原理を基礎として研究するとき、生命の起源の探求に対しても大いに役立つものだと確信する」
『新生命医学会』「生命・細胞・血球の起源⑤【10】細胞の起源と微生物との共生現象」より

地球上に初めて出現した生物が、葉緑素をもち自ら養分を合成する植物だったか、或いは自然に合成される有機物が存在し、その上に発生してその有機物を摂取し成育する他養性のものであったかはまだ解明されていない。また、最初の生物がバクテリアであったか、それとも藻類であったかも未解明である。

千島喜久男は、物質代謝の方法については有機物上に藻類が発生したという他養説をとる。即ち、有機物を母体として細菌が自然発生するという説である。
また生命形態については藻類よりバクテリアが先に発生したというバクテリア説を支持している。藻類が現れる前に、肉眼では観察できなかったバクテリアがずっと先に発生していた筈だとしている。実際、藻類の化石中に細菌が含まれているという証拠があり、細菌が藻類よりも原始的で、細菌→藻類へ進化するという千島の主張が正しいということを暗示している。

●生殖細胞と原生生物との類似
生物体中で最も根本的な存在である赤血球と生殖細胞とが原生生物その他の下等生物に似た性格をもっている。

卵子はアメーバの休止期に、精子は鞭毛虫或いは帽針状腐敗菌に似た形をもっており、生殖細胞は分化した多細胞生物が再び原始の状態に戻ったものだと考えられる。生殖細胞と下等微生物との形態や習性に類似点があることは単なる偶然の一致ではない。生殖細胞は多細胞生物発生という原始状態に戻り、過去の歴史を反復する段階にあるものである。

●赤血球と原生生物との類似
現代の血液学では赤血球は最高度に分化した細胞だと定義づけしているが、千島喜久男は「赤血球は生殖細胞より一層に原始的で細胞以前のもの」と述べている。

赤血球がまだ原生生物的形質を多分にもっているという証拠は、カバースライド法で両棲類、鳥類や哺乳類などの生きた赤血球を観察することで理解できる。

    

【1】カエルの赤血球は一部が細長く延長し、その先端は鞭毛状になって緩やかな鞭毛運動を示す。(図1)
また赤血球の表面にはしばしば鞭毛状の突起を生ずる。
ニワトリやウサギ、ヒトといった哺乳類の赤血球を体外に取り出すと、ときに飴の金平糖のように変化する。(図2)
浸透圧が異なった状態が加わるとこのような変化は一層はっきりするが、全血液そのままでも往々にしてこのような現象を見ることができ。突起は鞭毛虫の鞭毛に相当するものだと千島は述べている。ミンティンは原生生物の繊毛は進化論的に鞭毛に先行するものだと述べているが、金平糖状赤血球の突起が鞭毛に該当し、アメーバ状運動をする白血球はその後から現れるという千島の観察はミンティンの説にも合致している。しかも、このような変化は血管内を流れている赤血球では生じない。血流の停止、或いは体外に取り出した時はじめて見られる現象である。しかし、オタマジャクシの尾部毛細管を生きたまま観察していると、赤血球が毛細管壁を通過する際に、鞭毛状の突起を出して管壁を穿孔し赤血球内容がこの小さな孔を通って血管外に出ると、それは白血球に変わるという不思議な現象を見せる。

赤血球が原生生物に似た行動を示すのは、赤血球が白血球に分化する途中及び白血球に変わってからである。

【2】各種動物の赤血球は始め円盤状だが血流が停止すると同時に球形に姿を変える。これは卵子やアメーバの保護嚢に似て一種の原始状態への復帰と考えられる。哺乳類の赤血球の球形化と金平糖状変化はあい伴って起きる。

【3】白血球が偽足を出してバクテリアその他を貪喰するかのような行動を示したり、アメーバ状の運動をすることは周知のことであるが、これは形態、機能ともにアメーバと同じだと言える。生体内のアメーバと言えるだろう。

>    

2019年06月30日

千島学説による生命・細胞・血球の起源1~封殺された細胞新生説やバクテリア自然発生説

生物学の定説では、細胞は分裂によってしか増殖しない(自然発生しない)とされているが、千島学説は細胞新生説やバクテリアの自然発生説を唱えている。それが事実だとしたら、生命の起源や進化史の前提が大きく変わることになる。

『新生命医学会』「生命・細胞・血球の起源③【7】細胞生物学の提唱【8】初期細胞新生説時代」より。

●封殺された細胞の自然発生説→細胞分裂説一色に
1838-1839年、ドイツのシュライデンやスクワンは生物体は細胞から構成されていると提唱、細胞学の基礎を樹立した。同時に、彼らは細胞新生説であった。ところが、細胞の自然発生説を極度に軽視する現在の生物学者や細胞学者はシュライデンたちの説を完全に棄却してしまった。

ウイルヒョウは1858年、シュライデンたちの細胞新生説を否定し、有糸分裂による細胞連続説をたて、今も信奉されている『細胞は細胞から』を主張した。
ワイズマンはウイルヒョウ流の細胞説を強調、遺伝と細胞の関連を説明。その生殖質連続説はその後における遺伝学説の主流となり現在に至っている。この説は遺伝学のみならず、生物学全般に対しても強い影響を与えた。
1900年 メンデルの法則が再発見され、モンゴメリーやボバリーはメンデルの法則を細胞分裂と細胞核の行動に結びつけ、ワイズマン流の染色体学説を正しいものとして説明した。

しかし、封殺された細胞新生説やバクテリアの自然発生説を再評価する必要がある。

現代の発生学は受精卵の卵分割、発生初期の細胞分裂像が生涯にわたって続くものと仮定し、それが真実の現象だと信じている。しかし、胎生6ケ月以降、さらに出生後は細胞分裂は全くなしに体細胞は増殖していることは常識になっている。

これからは生科学のあらゆる分科に正しい細胞概念を浸透させるため、また細胞を基礎とした生命現象の統一的把握のために、新しい細胞生物学の必要性を千島は提唱している。

新しい細胞生物学の樹立のために、細胞分裂に対する過大評価を早急に改める必要がある。それには先ず、定型的な細胞核が凡ての細胞に存在するという考えから脱却しなければならない。高等動物の細胞はともかくとして、バクテリア、単細胞藻類、酵母などに定型的な細胞核が存在するか否かについて、現在においても諸説が入り乱れている。千島喜久男も観察の結果として大きな疑問が残ると述べている。高等生物の細胞においても細胞発生の一定段階では核の存在が明確でない場合がある。さらに核分裂が細胞増殖の唯一の方法だという考えには大変な無理が伴っている。

正常状態では細胞分裂像が見られる機会が余りにも稀なため、種々の細胞分裂誘発剤(ナイトロジェンマスタード、カイネチン、その他)や物理的処置(放射線照射)によって、またカラー顕微鏡写真用の非常に強い光源の照射によって分裂像を観察できたと報告するものが多い。このような化学物質や放射線、光などが細胞分裂を誘発することは確かだが、生命体の自然状態における活動を研究するというのが本来の科学であって、人為的に自然の現象を従来の定説に当てはまるよう操作するのでは研究の意味が失せてしまう。これからの生物学は、いわゆる細胞分裂に対する固定観念を改め、根本的な再検討を加えなければ、一層の行き詰まりに至ることは必定である。

『新生命医学会』「生命・細胞・血球の起源④【9】細菌の起源」より。

●原生物界と前生物界
連続的である自然や生物を人為的に分類する無理がある。千島喜久男は定型的な細胞構造をもっていない、バクテリアや菌類、単細胞藻類などを一括して原生物界(動物界、植物界の共同祖先界)とする説をとる。そして、バクテリア界の下次段階として前生物界を設け、リケッチアやウイルスをこれに含めるのも一方法ではないかと提案している。

●細菌に細胞的構造はあるか?
生物の構成単位は細胞であるというのが現在の生物学における常識になっている。そして細菌は生物であるとされているが、生物だとしたら細菌は果たして細胞なのかという疑問が生じる。千島喜久男は細菌が定型的な細胞構造を持つという説には多くの疑問があるとしている。細胞がより高等な生物に分化するという可能性については認めている。

●細菌に核はあるのか?
その結論は出ていないが、千島喜久男は、次のように述べている。「細菌増殖は分裂によってのみ起きるというのは間違った考え。動植物細胞は凡てDNAを含む定型的な核ばかりではない。鳥類、哺乳類、両棲類、昆虫その他の動物でも、高等植物の細胞でも、いつも定型的(化学的にも形態的にも)な核をもつとは限らない。言い換えれば、生理的ウイルス→細菌→動植物細胞という過程をたどる核合成過程は、細胞の核質を形成する過程として動植物に共通の現象である」。

多くの研究者が動植物の細胞核に共通した核の存在を主張しているが、これについても千島喜久男は彼らが提示している図を見ても「いわゆる分散核の域を出ないものであり、また細胞分裂像だとしている図も両端染色性菌の範囲を出ないもので、当然に紡錘糸や染色体などは示されていない」としてその妥当性を否定している。

正統派の研究者たちは細菌の核は一般の細胞核と同様に分裂すると主張しているが、それはウイルヒョウの正統細胞学の原理を細菌の世界にまで適用しようとしているため。自然状態では決して細菌の細胞は分裂するものではないことを千島喜久男は確認している。細菌は有機物質から自然に発生し、また細菌はいつまでも細菌のまま存在するのではなく、融合と分化によってより高次の生物へと進化するのが通常の発育過程である。

>