RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2006年10月11日

『男性社会の遊牧』と『女性社会の採集』

森と人の地球史』というサイトで表題のような比較をしていました。妙に納得してしまったので紹介します。

      ◆遊牧部族◆             ◇採集部族◇

      移動する生活               定住生活

   動物性蛋白質を主食          植物性炭水化物を主食

  強者が弱者を捕食する            群で行動する
  「肉食動物的攻撃性向」         「草食動物的協調性向」

従的な採集には女性や子供が参加   従的な狩猟や漁撈に男が参加                         の「父系家族制度」             の「母系家族制度」

 「交易や戦いという足の文化」        「モノ造りという手の文化」

  移動の指標となる星に収束       草花の生長を願う太陽に収束

 こうした違いにより、前者は必然的に猛々しい唯一の「人格神」を生み、後者は多彩で温和な「自然神」を持ち続けるのだそうだ。


 両者を分かつのは自然環境の違いだったのだろう。自然外圧による生活様式の違いから、男女の役割分担の違いを経て全く違う思考パターンになってゆく辺りは何だかリアルに想像できてしまう。

>   List   

trackbacks

trackbackURL:

comments

こんにちは。
初めて書き込みします。
NHKの日本人のルーツを見て細石刃に興味を持ちました。マンモスハンターが使っていた細石刃が北海道とかでも見つかったそうですね。とても興味があります。
細石刃と日本刀、細石刃と縄文人の秘密を解明したブログを見つけました!必見です。

mtb shoe 共同体社会と人類婚姻史 | シベリアの究極の狩猟具・細石刃

moncler men down jacket gray 共同体社会と人類婚姻史 | シベリアの究極の狩猟具・細石刃

hermes bags dubai mall 共同体社会と人類婚姻史 | シベリアの究極の狩猟具・細石刃

共同体社会と人類婚姻史 | シベリアの究極の狩猟具・細石刃

comment form
comment form
*