RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2009年06月03日

20歳代の女性、「妻は家庭」との考えに賛成意見が増えているのなんで?

help1.jpg
2009年6月1日 読売新聞に以下の記事があった。
まずはこれ↓読んでくだされ!

男女共同参画白書 非正規雇用など影響か
政府が閣議で決定した2009年版男女共同参画白書によると、「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」との考えに、20歳代の女性の4割近くが賛意を示し、30、40、50歳代より多いことが分かった。男性は年代が上がるほど「妻は家庭」に賛意を示す割合が高まっていて、女性は若い世代に比較的「妻は家庭」という考え方が多いという特徴が見られる。
その理由について、白書では、非正規労働者の増加や、仕事と子育ての両立が依然難しいと感じられていることなど、「現在の就業構造が若い世代の女性の意識に影響を与えていることも要因」と指摘している。
これは、白書に掲載された20~60歳代の男女1万人に内閣府が2月に実施した意識調査の結果。調査は今回、初めてインターネットで行われた。それによると、「妻は家庭」との考えに、女性はすべての世代で反対が賛成を上回り、男性は全く逆の結果だった。ただ、賛成した割合を年代別に見ると、女性では20歳代が36.6%で60歳代(40.2%)に次いで高く、30歳代(34.2%)、40歳代(30.7%)、50歳代(31.6%)を上回った。(2009年6月1日 読売新聞)


記事には『女性は若い世代に比較的「妻は家庭」という考え方が多いという特徴が見られること』またその理由として「現在の就業構造が若い世代の女性の意識に影響を与えていることも要因」とあるが、当ブログでは
『20歳代の女性、「妻は家庭」との考えに賛成意見が増えているのなんで?』
に焦点を当てて考えてみた。
まずは下記の図解を参照されたし!
※これは20歳代の女性の意識構造を図解化したものです。
その前にいつもの↓宜しくお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログへ


Book1.jpg
●まずセンターにある『収束不全』。『収束不全』とは言い換えれば、目標(向かう先)わからずどうしていいか分らない状態である。これは男女問わずまた全世代において共通の(社会に対する)現在の意識状況と言えるだろう。
●そして左上の『“男女同権”崩壊』。このような思想・観念は2000年頃から急激に色褪せてきた。今回対象としている20歳代の女性は特に顕著といえるだろう。
●そして“男女同権”の思想・観念が崩壊すればまた、向かう先が分らなり『収束不全』の状態になる。また一方で“男女同権”に代わり本来の『男女役割規範』に可能性を求めることになる。
●他方、右上の『社会不安』。これは主に現在の経済状況悪化に伴うもの。カタカナが付くなんとなく格好がいい業種に対するあこがれ等や幻想も廃れ、ひたすら『安定するにはどうすればいいか(安定志向)』に向かう。
●また『収束不全』の状態からも同様、何処に向かったらよいかわからないので、“取りあえず落ち着きたい(安定志向”となる。これは男性に比べても女性のほうが顕著に表れるだろう。
●そして『男女役割規範』は具体的に『男女役割分担』を模索し、『安定志向』からは『既存のシステム=家庭』に可能性を求めることになる。既存のシステムに可能性を求めるのは、消去法で残された可能性がそれだったといった感じか?
●よって“20歳代の女性は「妻は家庭」との考えに賛成意見が増えている”ことになるのである。

どうでしょうか???

>   List   

trackbacks

trackbackURL:

comments

今日は~^^またブログ覗かせていただきました。よろしくお願いします。

hermes handbag tote 共同体社会と人類婚姻史 | 村落共同体と講について 松原市での事例  2/2

共同体社会と人類婚姻史 | 村落共同体と講について 松原市での事例  2/2

comment form
comment form
*