RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2010年12月10日

2010年12月10日

黄河中流域の仰韶・龍山文化-遺跡と婚姻制-

新石器時代前期から後期(9000年前~4000年前)にかけての渭河流域・黄河中流域における集落と墓葬から、集団規模や集団単位・婚姻制を見ます。(参考:宮本一夫著『中国の歴史01 神話から歴史へ』)
下の『新石器時代の時代区分と編年』で、今回扱う時代区分と地域を確認してください。
image20101212002.jpg
<要約>
新石器時代前期(9000年前~7000年前)
【9000年前~8200年前まで急激に温暖化し、以後7000年前までやや寒冷化】
単位集団で集団内婚・母系制。後半は単位集団の拡大・二分化
新石器時代中期(7000年前~5000年前)
【7000年前~6500年前まで温暖化、ピーク後ほぼ維持】
姜寨遺跡前期(7000年前~6500年前)は双分制
姜寨遺跡中期(6500年前~6000年前)は四半族による双分制。他集団からの婚入(男女の偏りなし)も見られる
姜寨遺跡後期(6000年前~5600年前)は集団規模の拡大から分村化
史家遺跡段階(5600年前~)からは分村化した集団を統合強化するための血縁単位の集団合葬墓が出現。祖先祭祀による同族意識を集団統合の紐帯とする。父系制に移行すると同時に、一対婚化も進展する。
新石器時代後期(5000年前~4000年前)
【5000年前~3000年前まで乾燥冷涼化】
城址集落が出現、世襲的な首長制社会に発展
応援よろしく
  

(さらに…)

>