RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2009年5月4日

2009年05月04日

モンゴロイドの成立

DNAでたどる日本人の成り立ち1でスタートした日本人の起源シリーズは、
①シベリアから細石刃文化をたずさえて、後期旧石器時代晩期(約2万年前)にサハリン経由で北海道・本州に至る経路と、中国東北部→朝鮮半島を経由して九州・本州に至る経路の二つから南下してきたC3系統。
②南方島嶼部から航海術と貝文土器をたずさえて、新石器時代早期に黒潮に乗って北上し、日本列島の南部に達した貝文文化民C1系統。
③新石器時代に華北→朝鮮半島を経て九州に達し、その後本州を経て北海道まで達する、縄文文化の中心的な担い手D2系統
④弥生から古墳時代にかけて大陸からやってきた華南の長江文明を担ったO2系統、および華北人のO3系統。
と概観することができる。
これは、骨や歯の形態学的研究に携わる人たちの大半が指示している「南方起源説」に対して(ターナーや埴原和郎)、「北方起源説」であり、現代の遺伝形質やウイルスの抗体保有率の研究者たちに一致している意見である。
ただし単一系統の一元論ではなく、北海道・東日本を中心にしたシベリア後期旧石器人C3、日本列島は華北人D2、琉球列島・九州南部は南方系C1とする三ルート渡来説といえよう。
この説をたどる上で、まずはモンゴロイドの成立から見ておきたい。
応援よろしく  by岡
  

(さらに…)

>