RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2009年12月19日

2009年12月19日

女達の期待が集団を強固にしていく

共認。
人類には不可欠な機能。共認があってこそ人類とも言える。
当然、共同体においても最基底に位置する要の存在。
ところで、共認を図るには発信と反応が必要になるのですが、現状、男と女ではその頻度に大きな開きがあるようです。女に比べて男は発信が弱い傾向があると・・・。それはなんでなんでしょうか?また発信するには何が必要なんでしょう?
まずはこの↓投稿から見てみましょう。
女のおしゃべり、男の???

職場の女の子たちの間では、「Aさんが~~してて素敵だった」「最近○○の部署は元気がない」「こういうことでモヤモヤしてるけどどう思う?」「Bさんからこんなこと聞いた」など、誰かが発信した職場の色んな情報や状況や光景は、次の日には女の子全員に広まっています(^^;)
%E3%81%8A%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%B9%E3%82%8A.jpg
つまり、日常のおしゃべりを通じて、常に発信と評価が繰り返されているということ。そのような空間では、みんなを羅針盤にできるという安心感と、ゴマカシは通用しないという圧力があります。
でも、男の人も同じように頻繁におしゃべりをすればいいのかというと、何か違う気がして。。。
男の人には別の場や手段が必要なのか。
そもそも、場はあるけど発信できない何かがあるのか。
それとも、これこそ女の出番なのか。

↑に対して、以下の返信がありました。

(さらに…)

>