RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2009年12月25日

2009年12月25日

日本語の成り立ち6~国内形成論・『日本祖語→弥生語』の仮定~

日本語の成り立ちシリーズではこれまで、以下の説を紹介してきました。
★二重層説1;村山七郎著『日本語の誕生』1979年
 南方語の上に北方語が積み重なってできた
★二重層説2;川本崇雄著『南から来た日本語』1978年
 北方語の上に南方語が積み重なってできた
★多重層説;安本美典+本多正久著『日本語の誕生』1978年
 古極東アジア語から古日本語が派生し、その上にクメール語や江南語などが塗重なった
今回は年代を遡って、1957年に東大名誉教授 服部四郎氏が著した『日本語の系統』から「国内形成論」とでも呼ぶべき説を紹介したいと思います。
%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%81%AE%E7%B3%BB%E7%B5%B1.jpg
続きはポチッとしてからどうぞ!

(さらに…)

>