RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2009年12月29日

2009年12月29日

遊牧部族の父系制社会から私有婚誕生までの歴史構造-3<略奪闘争、同類殺し(=戦争)は本能には無い。鍵は集団の「共認内容」>

みなさん、こんにちは。
行き詰まりを見せる現在の婚姻制度=私有婚制度の成立構造を解明し、私有婚制度の本質とは何か?に迫るシリーズ『遊牧部族の父系制社会から私有婚誕生までの歴史構造』。第3回をお届けします。
第1回<遊牧部族の父系制転換1>では、母系制であった集団が、「遊牧」という生産様式への転換により、父系制へと転換していく流れを押えました。
第2回<遊牧部族の父系制転換2>では、遊牧は、家畜を連れて小集団で独立して移動する過酷な生産様式で男たちの縄張り防衛力が重要となる。すると、集団の戦力を維持するために男残留する必要が生じ、人類史上はじめて母系制から父系制へと転換。そして、父系制(女が移籍)に転換すると、必然的に女の不安が増大し、それに応えるかたちで自集団の蓄財意識が強くなり、次第に私益的色彩が強くなってゆく、までの流れを押えました。
父系制に転換した遊牧部族が、人類史上初の「略奪闘争」の引き金を引き、それを契機に婚姻制度は「私有婚制度」へと転換していく、、、。今回は、その略奪闘争つまり「同類殺し(=戦争)」が起こる構造、最基底にある婚姻制度との関係に迫ります。
 一般動物は、同類を殺すことはありません。ところが、例外的にサルの中で最も知能が発達したチンパンジーは同類闘争で敵集団のチンパンジーと殺しあうことがあるそうです。そのチンパンジーは父系集団。
父系制に転換した遊牧部族と、父系集団のチンパンジー。この二つの集団の共通項である「父系制」をキーワードに「同類殺し」の構造を考えてみます。
   ポチッと応援お願いします :D
 

(さらに…)

>