RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2020年7月16日

2020年07月16日

これからの共同体社会はどのように創られていくのか-7

前回は、婚姻には結局なにが必要かを問い返し、子供食堂など地域貢献活動を担う人の意識から危機感からの課題役割、そこで感じる充足感がカギになると述べた。それを実感できる場が共同体である。

歴史的に、人類は共同体を母体として生き延びてきたことはすでに述べた。たとえ国家が消滅しても共同体が残っていれば、生存でき、その文化(世界観、規範意識や評価などの価値)も存続する。逆に共同体が消滅すれば、国家あるいは市場原理という人工的なシステムにより管理され、ばらばらの個人に分解されてしまい、その文化(世界観、規範意識や評価などの価値)が失われる。近代(管理国家や市場システム)が奪ってきたのは、まぎれもなくこの共同体の価値である。

であれば、脱管理、脱市場システムに舵をきることが必要で、親や学校、マスメディアにより植え付けられてきた固定観念が、活力を奪っているのが現実であるから、主体的な意志をどう回復するかにかかっている。

(さらに…)

>