RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2009年12月14日

遊牧部族の父系制社会から私有婚誕生までの歴史構造-1<遊牧部族の父系制転換①>

11/29なんでや劇場レポート(1)性欲が出てこないのはなんで?⇒秩序崩壊の不安と焦り>で、まとめられているように、現代の性欲の衰弱は世代を問わない深刻な問題であり、生物にとって異常事態と言っても過言ではない状態だと考えます。
この問題は、なんでや劇場でも分析されているように、現在の秩序が崩壊or消滅しようとしているにもかかわらず、新しい秩序は登場してこない状態に起因しているようです。
社会秩序が崩壊してゆく感覚、しかも新しい秩序が見えない(分からない)“不安と焦り”が、性欲さえ「それどころではない」と脇に押しやるほどの強い力を持った“得体の知れない不安と焦り”の生んでいるようです。
男女間の性に関して考える上で、その最基底部あるのが婚姻制度で、一つの秩序体系となっていますが、現代の晩婚・未婚・離婚、またセックスレス・少子化問題等、既存の秩序に収束できなくなっている状況が現在顕在化しています。
社会秩序の崩壊⇒新秩序形成のためには、崩壊状況にある旧秩序の根底にある婚姻制度自体の歴史変遷における実態を、捉え直し考える必要があると考えます。
このシリーズでは、<遊牧部族の父系制社会から私有婚誕生までの歴史構造>と題し、人類史における婚姻制度と社会状況の構造解明を行い、現在の婚姻制度(私有婚!?)の成立構造を解明していきたいと思います。
km075011.jpg
<画像引用元はこちら
第一回目は始原人類がとっていた、母系社会から“私有婚”の起点となる父系社会への大転換をみてみたいと思います。
その前に応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログへ


★母系制社会(集団)とは?
遊牧部族が登場する5500年前までの、狩猟部族・採取部族は母系制という集団形態をとっていました。
母系制とは、女たちは生まれたときからずっと一緒で、自集団で生涯暮らし、女の本分である出産や子育て、また日常の生活においても、女同士の結束(共認)が強く、女の安心基盤が集団の中にある集団形態です。
しかし、生産様式が狩猟・採取から遊牧に大転換することで、母系制は父系制へと大転換を遂げ、女の置かれる状況は大きく変わることになります。
★もともと母系制であった集団が、遊牧に転じたら何故父系制に転換したのか?
当時、狩猟部族・採取部族は母系制ですが、遊牧部族は父系制にいち早く転換します。この父系制=男原理への転換が私権性の高まりや略奪闘争開始の鍵を握っているようです。

るいネット『遊牧部族の父系制への転換』より
遊牧部族が父系制に転換する前は、出自が狩猟部族なら勇士婿入り婚、採取部族なら総偶婚でともに母系制、しかも同類闘争圧力が顕在化する前なので交叉婚ではなく、いわゆる族内婚の段階だった可能性が高いことになります。
父系制嫁取り婚への転換であることから、出自は狩猟部族であり、勇士も小氏族内の勇士だった可能性が高いと思われます。
婚姻制の転換は、「遊牧は、羊を連れて小集団(小氏族)で独立して移動する生産様式である」点が決定的で、バラバラな小集団(小氏族)を如何に部族として統合するかという、組織統合課題として登場したと考えられます。この課題はどの部族もかつて経験したことのない未明課題だった。
族内婚から族外婚、つまり小氏族内から小氏族間への婚姻制への転換がまずは決定されたが、問題は勇士移籍とするか、娘移籍とするかが大きな判断の分かれ目になった。ここで移動集団≒闘争集団ゆえに、息子残留→娘移籍(つまり男原理優先の父系制)へ大転換したと考えられないでしょうか。(人類の直系であるチンパンジーは父系制だったので致命的な違和感はなかった。)娘を移籍させることで、相手小氏族へ睨みをきかすことも可能になり、男原理を貫徹する。
チンギスハン(12世紀後半)の時代でも、女性の家で一定期間過ごした後(この間に婿の資格があるか審査される)、嫁にやることを許されていることや、娘は大量の持参財をもって嫁入りしていることから、出身小氏族の影響力の強さを物語っています。

勇士婿入り婚(母系制):首雄集中婚を踏襲しつつ、首雄=族長という資格を一段下に拡張した勇士が婿入りする婚姻規範(実現論
総偶婚(母系制):部族内を血縁分割した単位集団(氏族)ごとの男(兄たち)と女(妹たち)が分け隔てなく交わり合う、婚姻規範(実現論
★父系制への大転換が生んだ女の意識とは?
母系制では、女は生まれた生まれ育った自集団で生涯暮らしたため、女の安心基盤は常にありました。しかし、遊牧部族の父系制への大転換が、女の不安や移籍先集団との距離を生み、私益存在化していく、そして部族全体が染まっていく大転換の始まりだったと思われます。
km075211.jpg
<画像引用元はこちら
**********************************
以上、遊牧という生産様式に大転換したことが、女の安心基盤を喪失させ、不安から私益存在化する流れを簡単に紹介しました。
・・・次回も引き続き、遊牧部族の父系制度を具体的に中身を見ていき“私有婚”になる流れを見ていきたいたいと思います。

>   List   

trackbacks

trackbackURL:

comments

chanelのバッグ

comment form
comment form
*