RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2010年1月28日

2010年01月28日

本格追求シリーズ1 人類の”性”の本質を探る 総まとめ1

こんにちは。「人類の”性”の本質を探る」と題した本シリーズは、今回が最終回です。
最終回は、これまでの内容を総まとめした上で、次代の可能性を開いていく為の「政策提言」を行いたいと思います。
73100gosenrd6jpc63h84i9kqte7310.jpg
◆問題意識とテーマ設定
・人類の”性”の本質を探る プロローグ
本シリーズの追求をスタートした、問題意識は次のようなものでした。
『恋愛の短期化や複数化、セックスレスの蔓延や最近の草食男子に見られる性欠乏の衰弱など、近年「性」が急速に行き詰まりつつある。環境破壊・肉体破壊・精神破壊に加えて、社会の根源を成し、次代に生命を繋ぐ「性の衰弱」も進んでいる。この状況は「人類滅亡の危機」と言っても、決して過言ではない。この滅亡の危機を突破するには、実現論に示されているように、人類の「性」や「集団」の原基構造を解明し、不変部分と可変部分を突きとめていく必要がある。』
『とりわけここ数年急速に進んでいる「性の衰弱」の問題を突破していくには、婚姻史の追及から更に一歩踏み込んで、人類にとっての「性の本質」を探る追求が必要ではないか。人類にとっての「性の本質」を探ることで、改めて様々な婚姻様式の本質、人類婚姻史の本質も見えて来るはず。そうすれば、そこから現在の「性の衰弱」問題を突破する答えを見出せて行ける。』
以上のような問題意識に基づき「人類にとって性とは?」「人類の性欲構造」「人類の性機能」の3つのテーマ設定で追求を重ねてきました。
まとめに入る前にポチッとお願いします。

(さらに…)

>