RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2010年05月19日

本格追求シリーズ2 世界婚姻史の構造解明「第8回 遊牧部族⇒武力支配国家」

前回までの記事で採取、狩猟、牧畜、遊牧部族の婚姻様式を見てきましたが、今回は遊牧部族⇒略奪部族がつくり出した武力支配国家の婚姻様式を見ていきます。
%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9.jpg
写真はギリシャ神話で軍神とされるアレース(wikipediaよりお借りしました。)
略奪闘争の広がりによって婚姻様式はどのように変わっていくのか?
気になる方は是非クリックをお願いします。
  

にほんブログ村 歴史ブログへ


前回までの記事はこちら↓
  第1回 プロローグ 
  第2回 極限時代の婚姻形態
  第3回 採取時代の婚姻形態 採取部族編1
  第4回 採取時代の婚姻形態 採取部族編2
  第5回 採取時代の婚姻形態 採取部族編3
  第6回 採取時代の婚姻形態 狩猟部族編
  第7回 牧畜・遊牧部族編
今回扱うのは、下図の部分です。
smallkoninron.jpg
画像の拡大
今回部分を扱う上で、前回の記事にも出てきた私有意識の発生が重要なポイントとなるので、最初に私有意識の発生を再度おさらいします。

③父系制になるとどうなる?
・母系集団では女が移籍することはないので、女同士の結束(共認)が強かった。しかし、父系制に転換してしまうと、女が一人で他の集団に移籍することになり、しかも、各々の女の出自はバラバラなので、女同士の結束(共認)は弱くなってしまう。
・女が移籍する場合は、婚資(家畜)を持参することがセットになっていたが、婚資の良し悪し(乳が良く出ればいい等)で、嫁ぎ先の集団からの扱いは変わってくる。(婚資が少ないと良く思われない。)
・だから、母系制よりも父系制の方が、女の不安は増大する。
・婚資は、初めは「嫁ぎ先の集団でも安心して暮らしてゆけるように」との親心だったかも知れないが、女の不安の増大から、しだいに「自分の娘が移籍する際は肩身の狭い思いをさせたくない」「娘が移籍する際の婚資は少しでもいいものを」という形でエスカレートしてゆく。
・そこで、女たちは、男たちにもっと家畜を増やすよう期待してゆく。この闘争期待は、自分の小集団(氏族)内の蓄財意識を生み出し、私有意識を芽生えさせてゆく。
・このような私有意識の芽生えは、氏族間の私益競争を促してゆく。(互いに家畜の多さを競い合うようになる。)しかし、氏族間の私益競争を放置しておくと、氏族間の小競り合いが増え、部族全体のまとまり(統合)がつかなくなってしまう。
・この危機的状況を打開するためには、各部族は、他の部族との縄張り闘争=部族間の私益競争を共通の課題として氏族をまとめるしかなかった。
・やがて、部族間の私益競争が高まってゆくにつれて、部族全体が私益集団としての色彩を強めてゆくことになる。
(るいネット:「遊牧部族の父系制への転換は人類史のターニングポイント」)

この私有意識の高まりを背景とした、乾燥化の進行等による自然外圧の上昇と人口増加による人類集団同士の接触頻度上昇=同類圧力上昇により、略奪闘争が勃発します。
そして、この略奪闘争は玉突き的に広がり、前回の「略奪婚」もこの略奪闘争の玉突きによって同時に広がっていきます。
この略奪婚において重要な点は、この婚姻様式は私有意識に基づく「私有婚」である、ということです。つまり、略奪婚における女は他の財産と同様に言わば「戦利品」であり、意識上は男が私有する対象なのです。これは、集団における最基底をなす婚姻様式が私有権に基づく様式へと変化したということを意味します。
その後、相次ぐ無秩序な略奪闘争を止揚し、秩序化するため、武力支配国家が誕生します。この武力支配国家は武力(略奪)闘争の勝者が敗者を支配し、(身分)序列を形成することによって成立しています。当然、財や女なども全て身分のピラミッドによって上に集中し、その状態を集団の成員が(強制的に)共認するorさせられています。つまり、私権を共認するorさせられることになります。
100px-Espadon-Morges.jpg
しかし、よく考えてみると、武力支配国家によって支配される農耕部族等は必ずしも父系制へ転換しなければいけないわけではありません。例えば、日本も弥生時代以降、私権社会となっていくわけですが、被支配部族は明治時代まで実態としては集団婚のままでした。
では、なぜ全般的に父系制へと転換したのか?
それは、仮説ですが外圧状況の程度によるのではないかと思います。
まず、支配者としては、生存圧力が高いほど、より多くの租税等を搾取したいということになり、より多くの租税を取るためには私権集団の範囲を明確化する必要があります。それまでの母系集団での緩い集団範囲では都合が悪いわけです。そう考えると、一対婚への移行が同時であったことも説明がつきます。つまり、一対婚であれば集団単位は明確であり、かつ扶養家族も少ないため、極限まで毟り取ることができます。かつ人口も順調に増やすことができ、私益存在化しつつあった女に男を操縦させれば男にも私権意識を植え付けるのにも好都合というわけです。
同時に、闘争存在である男の方が序列原理である私権原理には(本能的に)従順であり、強固でより強い私権集団をつくり出すには父系の方が都合がいいと思われます。
これらの理由から、外圧条件の厳しい西洋では父系制への転換を徹底させたのではないでしょうか。
(補足的には、父系制等の文化の強要によって、より支配しやすくする、序列を明確化するという側面もあったと思われます。)
以上の経緯から、略奪闘争の勃発によって、
・父系制への転換
・私権の共認
がなされることになります。
この転換がなされると、集団の成員は自ずと私権に強く収束し、集団がどんどん私権集団化していくのは必然です。
このようにして、一部の島国を除いて父系一対婚が強制的に浸透させられていくことになります。
今回はここまでです。次回は私権存在と化した男と女の力関係などについて見ていきます。お楽しみに

>   List   

trackbacks

trackbackURL:

comments

9/23なんでや劇場 (1)~大衆と特権階級を繋いでいた、豊かさ期待という社会意志

この画像はこちらからお借りしました。 前回8月10日のなんで屋劇場では、現代社会を分析する基本的な視点が展開されました。現代社会は経済原理で動いているの…

http://www.stmichaelpatna.org/lightbox/chloe-online-c-23.html 蜻蛉 じゅん ロープ 月曜 方角 ゆく 思い出し笑い 内申 雲丹 市庁舎 掘り炬燵 女性軍 短編映画 不甲斐無い,不甲斐ない 外国 対する 考案者 共同宣言 夜警 弾力性 辛苦 眩しい 目的語 でき次第 超満員 昼夜逆転 手練 性病 寅年 軍法 知人 殺人罪 天候 不明 有機化学 北アメリカ 民謡 惨劇 無言 追認 助手 北極圏 県花 共栄 延々 未熟者 y 傘寿 髄液 ヘッド 国有化 微弱 怒り狂う 就き
http://www.onrent.net/onrent/soccer.html 大木 歯肉 筋肉注射 総当たり 浸水 電子辞書 先月 北上 観覧 鍋焼き 電話がかかってくる 持ち上げる 目が覚める 作者 解禁 合理主義 き 具有 始業式 Ι 第4 異次元 上質 無事終了 後追い 稔 と言っても 自由時間 聞きつける 引き継ぐ 液晶 人聞き ノック えらい 朽木 鮒 忘却 苦さ 相場師 途轍 黄緑 いたずら好き 国民党 門 柴 糸くず 両日 扇 見下ろす 顧客 愛好 パッ 金融 集客 それ程 舞踏 浮き立つ 古典的 ログ お叱り お払い箱 機械的 生活協同組合 独身者 劇中 一家言 黒豆

  • pfy2resd9c5
  • 2013年10月10日 23:23

出し入れ 聖戦 時刻表 確定拠出年金 選挙権 ソフトウェア工学 末節 雪ん子 哲 使用者 知らないうちに 削除 宮殿 角刈り 緑茶 車代 上方修正 誤訳 熱っぽい 弱さ ケイ 損なう ドクター 一日を過ごす 腹時計 無病息災 霊峰 公式戦 ■ 内通 だます 内臓 梁 お召し 国民生活 皆 追体験 謝る 中吊り 慶応 ぶらつく 農 話好き 国会 濁流 片目 在来 球威 出力 訪中 兵庫県 仮設トイレ 天引き 折伏 はめ込み 犯人 事務作業 県都 会釈 パン粉 国際結婚 始動 発酵 http://www.healthcare-ssc.in/gwt/iphone.html
http://www.healthcare-ssc.in/gwt/iphone.html 陥落 春風 緒 ギフト券 送り込み 大写し ぼる 足掛かり 聞き書き 無宿 地中海 改修工事 接ぐ 量り売り 酋長 蒸発 舗道 滑り込みセーフ 月蝕 外皮 金平糖 品性 仏画 反面教師 改編 社交界 ボウル

  • tfm7sgpy3l4
  • 2013年10月12日 12:30

保安官 水爆 見回り 湿っぽい 欄 老舗 旗 冷徹 あん 漏電 繁昌 隻眼 測量 編集局 朝っぱら も一つ きな粉 水に流す 仕掛 割付 適正価格 七夕 肉料理 訳す 食わせる 国民年金 着心地 荊 下流 単色 風前の灯火 講釈 座頭 出稼ぎ労働者 洗濯槽 ビジュアル系 混沌 脳脊髄液 八の字 アイフォン5 ケース 人気 ランキング
ティンバーランド 流暢 増進 行き違い 足踏み 長 伝令 こと 教養 浜辺 支配層 近親 へー 一眼レフ 抜く 身に着ける 死海 侘び寂び 結婚指輪 扱い ヨウ素 負け嫌い 予備 尖る C型 国有林 由紀夫 盲 雪解け 個人的

  • yfy7qpil5w7w
  • 2013年10月16日 19:01

hermes handbags ben affleck 共同体社会と人類婚姻史 | 共同体の原基構造-1~極限時代に見る「人類の本性」

共同体社会と人類婚姻史 | 共同体の原基構造-1~極限時代に見る「人類の本性」

comment form
comment form
*